読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iizukakの作業ログ

忘れる前にメモしよう

ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ[ARM版] 翻訳誤り一覧

いわゆる「ハリス&ハリス本」の ARM 版 の評判が良いようなので読んでみました。組み合わせ回路と順序回路の解説から始まり、HDL の導入、ARM のマイクロアーキテクチャの紹介、HDL を用いたシングルサイクルの ARMv4 サブセットの実装と実に盛りだくさんの…

FB08 CPU 製作記 [03 - データフロー図]

それほど進んでいないのですがメモしておきます。まず、現状のデータフローを図に書き起こしました。それが以下です。 先週からいくつか差分があります。 SHIFTR, SHIFTL 命令を廃止しました IC 数を減らす(アキュムレータのバスドライバがなくて済むように…

FB08 CPU 製作記 [02 - 大雑把な設計]

前回に引き続き、FB08 CPU の設計について。 設計の進んだ分をメモしておきます。 データバス幅を 8bit とした 前回までは 4bit 幅にしようと思っていましたが、8bit にしたところで言うほど回路の複雑度が増さない & IC 数も増ええない & 8bit にすると実装…

2017年の当面の目標。CPU 作りについて

去年「CPUの創りかた」を読んで、実際に TD4 (この本をまるまる一冊かけて解説されている CPU ) を実装してみたところ、これがなかなか面白い体験でした。それからというもの、「コンピュータアーキテクチャのエッセンス」などを読んで、CPUについて思いを馳…

HD44780 キャラクタ液晶を、LiquidCrystal ライブラリ無しで使う

Arduino でキャラクタ液晶を使う場合は、LiquidCrystal という Arduino IDE 付属のライブラリを使うのが一般的ですが、ライブラリなしで使ってみようという試みです。 キャラクタ液晶には、だいたい HD44780 互換コントローラが乗っています。記事後方のスク…

Makeblock Me Orion からブレッドボードやユニバーサル基盤を使う

引き続き Makeblock Me Orion で遊んでいます。Orion は入出力のための Arduino Uno のようなピンついておらず、RJ25 モジュラージャックが 8 つあるのみです。これは MakeBlock の各モジュールと接続することが前提としてあるのでこうなっているのだと思う…

Me Orion を Arduino IDE から使う

MakeBlock は、ロボット版の LEGO ともいうべき会社で、ブロックのように組み合わせてロボット工作ができるパーツを販売しています。MakeBlock では Arduino Uno 互換ボードの Me Orion も開発していて、だいたいのキットに入っています。また、それらのキッ…

フリップドットディスプレイ時計を作る(完成)

さて、前回までフリップドットディスプレイで時計、名付けてフリップドットクロックをつくるための何やかやを用意していたのですが、完成しました。 基盤のほうはこんなかんじ。 基盤は、秋月のユニバーサル基板の適当なサイズのやつにドリルで穴をあけて、…

フリップドットディスプレイ時計を作る

ブレッドボードで仮組みして、時計として動くところまできたので、使ったパーツと接続をメモしておこうと思います。 使用パーツ。 Flip-Dot Boards XY5 (7 x 28 ドット) 24V 2.5A AC アダプタ (1Aあれば十分です) DC ジャック SainSmart の RTC モジュール A…

Pocket CHIP が届きました

5 月末ごろに注文していた Pocket CHIP が、4 ヶ月の時を越えやってきました。Mac から SSH 接続するところまでメモ。 まず知りたいことは root のパスワードですが、初期では chip が設定されています。 箱から取り出して最初にすることは充電だと思います…

フリップドットディスプレイ Flip-Dot Boards XY5 を購入

フリップドットディスプレイ という表示デバイスがあります。マトリクス状に配置された黒/有色のパネルを電磁石を使って反転させることで模様を描くデバイスです。昔はバスの行き先表示や電車の時刻表にも使われていたようですが、最近ではあまり使われてい…

Arduino で RS485 通信(その2)

前回、RS 485 モジュールで通信を試みましたが、どうもデータの取りこぼしがあるようで、文字化けが発生していました。いろいろ Google で調べてみた結果、Arduino の SoftwareSerial は取りこぼしやエラーが多々あるようです。というわけで、TX, RX ピンを…

Arduino で RS485 通信

Arduino で RS485 通信をしてみます。使ったのは、aitendo さんの RS485モジュール です。これが、ひとつ300円程度で売っていたので 2 つ購入しました。Sparkfun の RS485 モジュールが 1000 円くらいするので、格安です。ただ、信頼性は謎ですが…。乗ってい…

UNIX 時間時計(物理)を作る

UNIX 時間を表示する時計(物理)があったら面白いのではなかろうか、と思い作ってみました。 物理世界の UNIX 時間時計というアイディアは僕が一番最初に考えたものではなく、 MobileHackerzさん などが、よりスマートに作った例があります。今回は、汎用的…

複数の4桁7セグLEDを制御

Arduino Pro Mini を使って、複数の4桁7セグLEDを使ってみました。今のやり方では12桁(4桁3つ)くらいまでが限界かなというところ。基本的なやり方は、Arduinoで遊ぶページさんのやり方でよく、各桁のカソードを、Arduino の空いているデジタル入出力ピンに接…

タミヤのユニバーサルプレートをユニバーサル基板の土台として使う

ユニバーサル基板で何かを作ってそのままだと、気持ち的に心もとないのでケースかなにかに固定しておきたくなりました。かといって、ケース加工にあまり時間をかけたくないなぁと思って調べていた時に知ったのが、タミヤの ユニバーサルプレート です。3mm …

SainSmart の電池付き RTC モジュールを使ってみる

Arduino には RTC が載っていないので、Arduino の電源を切っても時刻を保持したいといった場合、外部の RTC 機構を使うことになります。 今回使ってみたのは、秋月で売っていた SainSmart の "SainSmart I2C RTC DS1307 AT24C32 Real Time Clock Module Boa…